研究内容を 大まかにまとめると

研究内容を もっと詳しく!

教室の外に出て、普段は接することのない人々の話に耳を傾けること。私のゼミナールでは、身の回りのさまざまな文化をフィールドワークで調査することを大切にしています。文化研究と聞くと、有名な作家や芸術家の作品の研究をイメージする人もいるかもしれませんが、民俗学の研究対象となるのは「生活文化」。普通の人々の普通の暮らしを文化として捉え、学生たちそれぞれが自分の興味・関心に基づいて研究テーマを決めています。

私自身も10年以上にわたって、国の重要民俗無形文化財である鹿児島県いちき串木野市の「七夕踊」に関するフィールドワークに取り組んできました。「七夕踊」はもともと地元の青年たちが20代前半の時期に一生に一度の通過儀礼として踊っていたもの。しかし近年は少子化の影響もあって踊りの担い手が減少し、ついに休止が検討されるようになってきました。ひとつの伝統文化が継承できなくなるとはどのようなことか、現在はその経緯を最後まで追いかける調査をしています。

たまに「大学で民俗学を学んで何の役に立つのですか?」と質問されることがあります。正直に言うと、社会で直接なにかの役に立つということを目的にはしていません。むしろ、一般には「役に立たない」とか「取るに足らない」と思われていることに、おもしろさや大切さを見つけることが、この研究分野の特色だと思います。また、フィールドワークを通じてさまざまな人と対話していけば、自分とまったく異なる境遇の中で生きる人たちとコミュニケーションを取る力が自然と身につきます。学生たちには、さまざまな価値観を認め合い、理解し合える人になってほしいと願っています。

※「ヨムミル」にはほかにも学生インタビューなどを掲載しています。ぜひご覧ください。
 「ヨムミル」につきましては、下部「ゼミ公式サイト」ボタンより閲覧ができます。

つぶやく!

この研究室があるのは

文化人類学・民俗学