研究内容を 大まかにまとめると

研究内容を もっと詳しく!

あなたにとって、ストレスとはいかなる意味を持ちますか。カナダの学者ハンス・セリエは、「ストレスは、人生のスパイスだ!」と述べました。病的にならない程度であれば、ストレスは人生をよりよいものにする刺激にもなります。ストレスを乗り切るためには、どのような認知的評価をすればよいのか。ストレスを乗り切るためには、どのような対処方法をとればよいのか。身近なストレッサーを乗り越えるためのヒントについて考えます。

家族介護者は、介護に対していかなる価値やストレスを抱えているのでしょうか。女性介護者・男性介護者と、介護者の性別に焦点を当てると、その違いが明らかになっています。また、介護をめぐる家族内暴力は、どのようにして発生するのでしょうか。さらには、それらの状況に対して、社会福祉士はいかなる支援をすればよいのでしょうか。その糸口について考えます。

施設に入居されている利用者の方々にとって、レクリエーションは生き甲斐の源泉ともいえるものとなっており、社会福祉士にとってもそのプログラムを考えることはとても大切な業務となっています。一瀬の研究室では、約10年にわたり、市内の施設で、音楽レクリエーションをボランティアで実施しています。楽器や歌うことが大好きな人は、一緒にレクリエーションを企画し、ボランティアに行きましょう。

つぶやく!