研究内容を 大まかにまとめると

研究内容を もっと詳しく!

コレステロール抑制効果を有する食品成分と糖尿病治療薬を同時に投与した場合の生体への影響を細胞や実験動物を用い観察しています。血中コレステロール抑制効果を持つ食品や医薬品が糖尿病治療薬の効き目を効果的に上昇させることが観察されました。

ロコモティブシンドローム、とくに関節機能に対して改善効果を有する機能性食品素材(グルコサミンやペプチド類など)のメカニズムを主に細胞を用いた実験で解明しています。ここでは機能性の発揮に関係する生体因子の遺伝子発現や蛋白質生成について詳細に調べて、メカニズムの一端を解明しています。

わが国や諸外国の健康食品と利用実態についてアンケート調査や文献調査を実施して統計学的に分析しています。とくに一般人と各種医療従事者との健康食品に対する認識と利用実態には大きな差があり、認識のされ方に相違があることがわかりました。解析には様々な統計学的手法を用い多角的に分析することを心がけています。

つぶやく!